ハーレーのカスタムやパーツのツボ

ハーレーのカスタムはディーラーを通すよりもパーツ専門店

かっこいいハーレー

カスタムバイクの定番といえばハーレーです。ノーマルで乗り続けても面白いバイクではありますが、豊富なカスタムパーツを使って乗り味やスタイリングのアレンジをすれば、より一層楽しいバイクへと仕上がります。ディーラーでも様々なカスタムパーツを用意しているので、新車のオーダー時はもちろん、車検の時期に合わせてカスタマイズすることも可能です。ただ、問題となるのがその費用です。ディーラーを経由した場合、その費用はパーツ代と合わせて結構な金額になってしまいます。またディーラーの場合、カスタムできる範囲が決まっているため、車検を通せる適合カスタムでも場合によっては作業を拒否されてしまうのも悩ましいところです。

そこでおすすめなのがパーツ専門店の利用です。目的のパーツが決まっている場合、正規ディーラーに依頼するよりも、パーツ専門店で購入した方がはるかに安く手に入れることができます。すでに型落ちとなったモデルのパーツなども豊富に取り揃えているため、ディーラーがすでに取り扱いを中止したパーツなども手に入れることが可能です。購入したパーツは専門店に持ち込めば、問題なく取り付けしてもらうことができます。作業工賃を考慮しても、トータル費用をぐっと抑えることができるので、ハーレーのカスタムパーツはパーツ専門店で購入することをおすすめします。

ハーレーのカスタムショップ 選ぶコツ

ハーレーでツーリング

ハーレーのカスタムショップを選ぶ際には、こちらのレベルに合わせて話をしてくれるスタッフがいるかどうかを確認しておくことがおすすめです。カスタムする時は、様々な専門用語が飛び出すことがあります。言葉の意味やパーツの役割をしっかり理解できているのであれば、専門用語を並べて話すスタッフと対等に会話をすることもできるでしょう。しかし、パーツの役割や名前もおぼつかない状態の人の場合は、希望を伝えることすら難しい状態になってしまいます。そのため、ハーレーのカスタムをしたいのであれば、レベルに合わせた説明をしてくれるスタッフがいるショップを選んでおく方が良いでしょう。

ハーレーを走らせる

また、カスタムにかかる費用に対して不安を感じる時は、事前に相場を確認しておくことが有効です。工賃は交換する部品によって異なるため、タイヤ交換が安いショップに頼めば他のパーツの交換も安いはずと簡単に考えるのではなく、それぞれの価格を確認しておくことがおすすめです。それによって、カスタム費用が必要以上に高くなることを防ぐことができます。ハーレーのカスタムは、総額100万円以上かかることも多いものです。それだけに予算に限りがあるのであれば、ショップ選びは慎重に行っておく方が良いでしょう。

ハーレー ミラーとグリップを交換

ハーレーをカスタム

ハーレーのミラーには、基本的に首がロングタイプのものとショートタイプの二種類があります。ミラーは各車種共通で使用することができるため、どの型でも取り付けることができます。交換方法ですが、ミラーに取り付けてあるロックナットとどんぐり型のアコーンナットを一つ外せば簡単にミラーを交換することが可能です。ミラーは後方を確認するための大切な部品でもありますから、視認性も踏まえた上で自分好みのデザインのミラーを選ぶのが良いでしょう。

ハーレー キャリパー

次にグリップの交換ですが、主に電子制御スロットルとケーブルスロットルの二種類があります。電子制御スロットルの場合、アクセル側のスイッチハウジングを開けて新しいものと入れ替えます。クラッチ側の場合、イモネジで固定する場合と接着剤で固定するタイプがあり、イモネジの場合はネジを取り外し、接着剤タイプの場合はドライバーを隙間に突っ込んでパーツクリーナーを吹き込んで抜きます。ケーブルスロットルの場合、アクセル側はアクセルワイヤーを緩めてグリップからタイコと呼ばれる丸いタイコ状の部品をワイヤーから外します。タイコが外れれば、後は交換するだけです。この時、交換するグリップにインナースリーブが必要になるものがありますので、よく確認を行った上で購入することをおすすめします。